【就職に弱い文学部生が本気で就活を頑張ってみた話】

こころゆたかに、すこやかに、一番生きやすい私でいたい*大学生*好奇心の塊*読書*英語*スペイン語*and so on...*みなさま元気をくださいっ!

私達はきっと孫引きで出来ている

日頃、よくレポートを書いたり、授業で発表したりする身分なので、

「引用」とくに「孫引き」に敏感だったりします。

 

読んだ本の中で著者が「〇〇氏の考え方は△△の点で良い」と言っていたら、いちおうそれは検証しないといけないし、結局は「著者✕✕さんが〇〇さんの本を読んで、それは△△だからいいと思った」という思考のプロセスをたどらなきゃいけないってことでしょうけど。

 

楽しちゃだめってことですね。

 

それはそうと、私たちがいま持っている考え方って、きっとどこかで聞いてそれを吸収したものである気がします

「この本を読んで、それに書いてあったんだ!」ってきちんと覚えていればいいですけど、きっとそうはいかなくて。

友達が、テレビのコメンテーターが、親が、きょうだいが、その人たちの意見とともに与えてくれる情報をいっぱいに飲み込んで、取捨選択して今の自分の思考回路ができている。

そう思うと、自分の考えのルーツをたどることが出来そうで、また、それによって持っていたバイアスが取り払えそうで、なんだかワクワクします。

 

孫引きも悪くないかもですね。