【就職に弱い文学部生が本気で就活を頑張ってみた話】

こころゆたかに、すこやかに、一番生きやすい私でいたい*大学生*好奇心の塊*読書*英語*スペイン語*and so on...*みなさま元気をくださいっ!

【レポートの効率的な書き方】

学生のみなさま!!!

 

…レポート&テストの時期ですね…

 

はは…私、今期、期末は全部レポートであります。正直辛いです、四月の私なにやってんだよマジで…

 

さて!!今回は、

【レポートの効率的な書き方】

を紹介します!なんと学生的な内容**

 

友達の間では、*レポートのプロ*なんて呼ばれちゃってる私が教えちゃうよっ!

 

コピペしろなんて狡いことは絶対に言わない!

読み応え抜群です、下へどうぞ⤵︎⤵︎⤵︎

 

 

①どうしてレポートに時間がかかるのか

 

そもそも、進捗状況が良くないにも関わらず、どうしてレポートに膨大な時間を費やしてしまうのでしょうか?

 

"何を書こうか迷っている時間が長い"

この一言に尽きると思います。

 

書き始めたはいいものの、終わりが見えないで、そのうち書こうと思ってたことも忘れてダラダラ…

思い当たる節ありませんか?

 

**じゃあ、どうすればいいの?*****

 

②道すじを立てる

 

先ほど言ったように、何を書こうか、どのような結論で落とし込むか、これが決まらないことがタイムロスの原因になります

 

**どのようなトピック、話題を通って結論に至るのか**

これをWordに一言で段落ごとに書いておきましょう!

 

道すじの立て方のコツは、

【メインにしたい話題(問題提起)】→【結論】→【どうしてそう思ったのか(複数の理由)】

と考えていけば、内容の整理ができると思います!!

 

③参考文献をつける

 

やっぱり自分の考えだけを述べただけでは、論拠が弱くなってしまいます。先行研究の力を借りましょう*

 

【参考文献なんて読んでいる時間などない】

これが何よりも問題かと思います

 

とりあえず、

*図書館のパソコンでテーマ検索をかけて*

*その本の【目次】を読みましょう*

 

それでヒットした章を読んで、使えそうな所があれば引用。各段落の根拠の1つに加えるとよいでしょう!参考文献はちゃんと末尾に明記しようね!*

 

④思いついた側から書いていく

 

なんだよやっぱりアイディア勝負じゃないか!

…まあまあそういう事言わないで*

 

とりあえず思いついた文章を、片っ端から書いていきましょう!順番とか考えなくていいです。後で直せばいいですから。

「〇〇は〇〇だ」「なぜなら〜」と小さなまとまりでいいので、書いていきましょう。

書き終わる頃にはなんとなく全体像が見えて、直したくなってくると思います*

 

⑤字数が足りない

 

ぶっちゃけこの問題さえなければ、レポート書けるんだよ!って人多いかと思います*

 

字数を盛る一番簡単な方法

**知っている言葉で一番字数が多い言葉を使いましょう***

 

【なぜなら】→【そこに至った根拠は】

【〜だ】→【〜ではなかろうか】

と言ったように、

同じ意味でより字数が食う方を言い換えていきましょう*

 

あとこれは評価を下げてしまう恐れはありますが…【少し多めに引用する】

でもこれはあんまりオススメしないです。正攻法でいきましょう*

 

 

以上が、【レポートの効率的な書き方】です!

みなさまのお役に立てたなら幸いです*

ご意見、ご質問ドシドシお待ちしています*

 

最後に、参考文献はお忘れなく!**